台湾旅行記_千と千尋の世界に行ってみた

お疲れ様です。

ランナーガールです。台湾旅行記day2。あの映画の聖地へ。

f:id:RUNNERgirl:20220326165205p:plain

九份とは?】

かつて金の採掘で栄えた場所。山間の田舎町で、長い石造りの階段、レトロで独特な景観が美しく、今では台湾でも指折りの観光地となって街は観光客で溢れています。

・台湾で九份をロケ地とした映画「悲情城市」が、ベネチア国際映画祭でグランプリを受賞

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の世界観のモデルと言われる場所

(後に宮崎監督は否定していますが)

このような理由から、定番観光地のひとつになっています。

f:id:RUNNERgirl:20220326165242p:plain

【おすすめの時間】

空が、夕方~陽が落ちる時間。街のランタンが徐々に灯り、町全体が幻想的な雰囲気に変わっていくベストタイム。

16:00~19:00くらいがおススメです。

小さな町で、3~4時間ほどあれば細かな所も観れて、観光が楽しめます。そして、19:00にはほとんどのお店にシャッターが閉まり、ランタンも消えていきます。

 

【アクセスと運賃(当時)】

◆タクシー1本

コストはかかりますが一番快適です。台北駅から約40~60分で行けるのでこの方法が一番早く行けるかなと思いました。

運賃/台北駅からだと260元 ⇒ 日本円で5000円くらい。

これ、割り勘すると安くなります。私達は「九份」のガイドブックを持っている旅行客に声かけて、初めて会った人に相乗りしてください!って頼んで5人で一緒にタクシーを使いました。

 

◆バス1本

965番(バス停/MRT西門駅・北門駅)。それと、1062番(バス停/MRT忠孝復興駅)2か所から九份行きが出てます。安いし乗り換えもない。

ただ、60~90分ほど時間がかかります。途中途中止まるし、交通量に左右されます。

運賃/片道25元(450円)

そして、バスが満席な事が多い+時間通りに来ないという事もあり、時間に余裕を持って行く事をお勧めします。

 

九份の入り口】

台北から少し離れた山を上ると、セブンイレブンに到着。

このセブンイレブンの横の細い通路が、「九份」の入り口です。

狭い入口をくぐると、所狭しと出店が並ぶ通路が出現。

f:id:RUNNERgirl:20220322220353p:plain

とにかく狭い。観光客がガンガン入ってくるから、道がごちゃごちゃしてきます。

f:id:RUNNERgirl:20220322220643p:plain

テレビや雑誌にもよく取り上げられている、有名な屋台の定員のお姉さん。

f:id:RUNNERgirl:20220326201839p:plain

そして、急に光が入る場所があり、その場所で右を向くと、

f:id:RUNNERgirl:20220326202103p:plain

っ!有名な小道!狭くて、急な坂道で登ったり下ったりする人が大勢います。

前に進みましょう。

f:id:RUNNERgirl:20220326202252p:plain

千と千尋の世界。確かに雰囲気が似てる。お父さんとお母さんが豚になって、千尋が怖くなって、辺りが暗くなり、この坂道をダッシュで降りてく‥その場所にそっくりでした。そしてカオナシのモデルと言われている、お面を発見。

f:id:RUNNERgirl:20220326202820p:plain

 

そして、「油屋」と言われているお茶屋さんのスポットに到着。ここは写真スポットなので皆立ち止まって撮影大会。

f:id:RUNNERgirl:20220326202551p:plain

ポストカードもらいました。思いっきり「湯婆婆の屋敷」って書いちゃってる

f:id:RUNNERgirl:20220326202940p:plain

九份はここからが本番です。早めに来て散策を楽しみつつ、ここで日没を待ちます。

f:id:RUNNERgirl:20220326203106p:plain

これが見たかったのーーー!!

f:id:RUNNERgirl:20220326203231p:plain

f:id:RUNNERgirl:20220326203321p:plain

あの有名な景色が目の前に。台北とは違うノスタルジックな雰囲気がとても素敵です。

 

九份

季節や天気によって、色んな顔を見せてくれる不思議で魅力あふれる場所です。

景色もさる事ながら、実はお茶屋さんやグルメ・屋台も多く、お気に入りのお店を見つけるのも楽しみの一つ。

 

台湾に行った際は、是非「九份観光」を楽しんでみてください♪

ランキング参加中★ぽちっとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村